goal-es-gaikokugo
平成29年告示の小学校学習指導要領外国語科の目標は,どのようなものでしょうか。
小学校外国語科では,「外国語によるコミュニケーションにおける見方・考え方を働かせ,外国語による聞くこと,読むこと,話すこと,書くことの言語活動を通して,コミュニケーションを図る基礎となる資質・能力」の育成を目指します。

外国語で表現し伝え合うため,外国語やその背景にある文化を,社会や世界,他者との関わりに着目して捉え,コミュニケーションを行う目的や場面,状況等に応じて,情報を整理しながら考えなどを形成し,再構築する外国語によるコミュニケーションにおける見方・考え方を働かせることが重要です。

また,伝え合う力を高めることで,積極的に人や社会と関わり,自己を表現し,他者と共感するなど互いの存在について理解を深め,尊重しようとする態度が大切です。
【授業時数】
外国語科の授業時数は,平成32年度から第5学年及び第6学年で年間70単位時間。移行措置期間中の平成30・31年度は,外国語活動として50単位時間(現行15時間増)が設定されます。授業時数の取り扱いについては次を参照ください。

授業時数等の教育課程の基本的枠組み(小・中学校授業時数)

掲載の趣旨

平成29年告示の学習指導要領では,資質・能力や内容などの全体像を分かりやすく見渡せるよう,枠組みが大きく見直され「学びの地図」として整理されました。

その趣旨に添い,本稿では,解説本文を次のように編集しています。

  • 目標解説の内容が捉えやすいように原文を装飾
  • 他教科等・他学校種の目標や解説が比較しやすように編集

具体的には,本文は原文通りで,次のように編集しています。

  • 各教科等の目標の解説を共通した章立てで構成
  • 学校種間の対応する内容についてリンクで移動 など

掲載の趣旨の詳細は,下のボタンより参照できます。

「掲載の趣旨」の詳細

なお,本稿は,「文部科学省ウェブサイト利用規約」(2018年3月1日に利用)に基づいて,原本を加工し作成しています。


小学校・中学校各教科等の目標の解説 「小・中学校「教科等の目標解説を縦横に読む」シリーズ」は,下のボタンより閲覧できます。

小・中学校各教科等の目標解説






小学校 外国語科の目標

1 教科の目標

(1)目標

 外国語によるコミュニケーションにおける見方・考え方を働かせ,外国語による聞くこと,読むこと,話すこと,書くことの言語活動を通して,コミュニケーションを図る基礎となる資質・能力を次のとおり育成することを目指す。

(1) 外国語の音声や文字,語彙,表現,文構造,言語の働きなどについて,日本語と外国語との違いに気付き,これらの知識を理解するとともに,読むこと,書くことに慣れ親しみ,聞くこと,読むこと,話すこと,書くことによる実際のコミュニケーションにおいて活用できる基礎的な技能を身に付けるようにする。

(2) コミュニケーションを行う目的や場面,状況などに応じて,身近で簡単な事柄について,聞いたり話したりするとともに,音声で十分に慣れ親しんだ外国語の語彙や基本的な表現を推測しながら読んだり,語順を意識しながら書いたりして,自分の考えや気持ちなどを伝え合うことができる基礎的な力を養う。

(3) 外国語の背景にある文化に対する理解を深め,他者に配慮しながら,主体的に外国語を用いてコミュニケーションを図ろうとする態度を養う。

外国語活動・外国語科における小・中・高の目標の比較

(2) 目標の構成

外国語科では,次のように目標を設定した。

第1 目 標
外国語によるコミュニケーションにおける見方・考え方を働かせ,外国語による聞くこと,読むこと,話すこと,書くことの言語活動を通して,コミュニケーションを図る基礎となる資質・能力を次のとおり育成することを目指す。

外国語科の目標は,コミュニケーションを図る基礎となる資質・能力を育成することである。

このためには,次の(1)(2)(3)に示す

  • 「知識及び技能」,
  • 「思考力,判断力,表現力等」,
  • 「学びに向かう力,人間性等」

それぞれに関わる外国語特有の資質・能力を育成する必要があり,その際,外国語教育の特質に応じて,児童が物事を捉え,思考する「外国語によるコミュニケーションにおける見方・考え方」を働かせることが重要である。

2 柱書

(1)見方・考え方

外国語によるコミュニケーションにおける見方・考え方」とは,

外国語によるコミュニケーションの中で,どのような視点で物事を捉え,どのような考え方で思考していくのかという,物事を捉える視点や考え方であり,

「外国語で表現し伝え合うため,外国語やその背景にある文化を,社会や世界,他者との関わりに着目して捉え,

コミュニケーションを行う目的や場面,状況等に応じて,情報を整理しながら考えなどを形成し,再構築すること」

であると考えられる。

外国語やその背景にある文化を,社会や世界,他者との関わりに着目して捉えるとは,

外国語で他者とコミュニケーションを行うには,

  • 社会や世界との関わりの中で事象を捉えたり,
  • 外国語やその背景にある文化を理解する

などして相手に十分配慮したりすることが重要であることを示している。

また,コミュニケーションを行う目的や場面,状況等に応じて,情報を整理しながら考えなどを形成し,再構築することとは,

多様な人々との対話の中で,目的や場面,状況等に応じて

  • 既習のものも含めて習得した概念(知識)を相互に関連付けてより深く理解したり,
  • 情報を精査して考えを形成したり,
  • 課題を見いだして解決策を考えたり,
  • 身に付けた思考力を発揮させたりする

ことであり,外国語で表現し伝え合うためには,適切な言語材料を活用し,思考・判断して情報を整理するとともに,自分の考えなどを形成,再構築することが重要であることを示している。

外国語によるコミュニケーションの一連の過程を通して,このような「見方・ 考え方を働かせながら自分の思いや考えを表現することなどを通じて,児童の発達の段階に応じて「見方・考え方」を豊かにすることが重要である。
この「見方・考え方」を確かで豊かなものとすることで,学ぶことの意味と自分の生活,人生や社会,世界の在り方を主体的に結び付ける学びが実現され,学校で学ぶ内容が,生きて働く力として育まれることになる。
さらに,こうした学びの過程が外国語教育の主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善につながる。その鍵となるものが,教科等の特質に応じた「見方・考え方」である。

ところで,言語能力について,中央教育審議会答申では,

「言葉は,学校という場において子供が行う学習活動を支える重要な役割を果たすものであり,全ての教科等における資質・能力の育成や学習の基盤となるものである。したがって,言語能力の向上は,学校における学びの質や,教育課程全体における資質・能力の育成の在り方に関わる課題」

であるとし,その育成が求められている。

このことを踏まえれば,例えば,初めて外国語に触れる段階である小学校においては,母語を用いたコミュニケーションを図る際には意識されていなかった,相手の発する外国語を注意深く聞いて何とか相手の思いを理解しようとしたり,もっている知識などを総動員して他者に外国語で自分の思いを何とか伝えようとしたりする体験を通して,日本語を含む言語でコミュニケーションを図る難しさや大切さを改めて感じることが,言語によるコミュニケーション能力を身に付ける上で重要であり,言語への興味・関心を高めることにつながると考えられる。

したがって,小学校における外国語教育においては,先に述べた「外国語によるコミュニケーションにおける見方・考え方」のうち,外国語やその背景にある文化を,社会や世界,他者との関わりに着目して捉える点を重視すべきであると考えられる。

(2)学び方

外国語による聞くこと,読むこと,話すこと,書くことの言語活動を通して」とは,外国語科の目標を実現するために必要な指導事項について述べたものであり,本解説第2部第2章第2節2(3)で詳細を解説する。

「小学校学習指導要領 第10節外国語第2各言語の目標及び内容等英語2内容(3)言語活動及び言語の働きに関する事項 ①言語活動に関する事項

(3)資質・能力

コミュニケーションを図る基礎となる資質・能力」が高学年の外国語科の目標の中心となる部分である。

これは,

  • 中学年の外国語活動の目標である,「コミュニケーションを図るとなる資質・能力」及び
  • 中学校の外国語科の目標である,「簡単な情報や考えなどを理解したり表現したり伝え合ったりするコミュニケーションを図る資質・能力

を踏まえて設定されたものである。

総則にもあるとおり,小学校までの学習の成果が中学校教育に円滑に接続され,育成を目指す資質・能力を児童が確実に身に付けることができるよう工夫する必要がある。

改訂前の高学年における外国語活動の目標においては,

① 言語や文化に関する体験的な理解
② 積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度
③ 外国語への慣れ親しみ

の三つの事項を念頭に置いていたが,今回の改訂では,育成を目指す資質・能力の三つの柱である「知識及び技能」,「思考力,判断力,表現力等」及び「学びに向かう力,人間性等」のそれぞれに関わる目標を,以下(1)(2)(3)のように明確に設定している。

3 三つの柱

(1)知識及び技能

(1) 外国語の音声や文字,語彙,表現,文構造,言語の働きなどについて,日本語と外国語との違いに気付き,これらの知識を理解するとともに,読むこと,書くことに慣れ親しみ,聞くこと,読むこと,話すこと,書くことによる実際のコミュニケーションにおいて活用できる基礎的な技能を身に付けるようにする。

(1)は,外国語科における「何を理解しているか,何ができるか」という「知識及び技能」の習得に関わる目標として掲げたものである。

本目標は,「外国語の音声や文字,語彙,表現,文構造,言語の働きなどについて,日本語と外国語との違いに気付き,これらの知識を理解する」という「知識」の面と,その知識を「聞くこと,読むこと,話すこと,書くことによる実際のコミュニケーションにおいて活用できる基礎的な技能」という「技能」の面とで構成されている。

中央教育審議会答申にもあるとおり,基礎的・基本的な知識を着実に習得しながら,既存の知識と関連付けたり組み合わせたりしていくことにより,学習内容の深い理解と,個別の知識の定着を図るとともに,社会における様々な場面で活用できる概念としていくことが重要となる。また,技能についても,一定の手順や段階を追って身に付く個別の技能のみならず,獲得した個別の技能が自分の経験やほかの技能と関連付けられ,変化する状況や課題に応じて主体的に活用できる技能として習熟・熟達していくということが重要であり,「生きて働く『知識・技能』の習得」を重視している。

① 知識

本目標での「外国語の音声や文字,語彙,表現,文構造,言語の働きなどについて,日本語と外国語との違いに気付き,これらの知識を理解する」とは,中学年の外国語活動の「外国語を通して,言語や文化について体験的に理解を深め,日本語と外国語との音声の違い等に気付く」に対応したものである。

高学年の外国語科では,日本語との音声の違いにとどまらず,文字,語彙,表現,文構造,言語の働きなどについても日本語との違いに気付くこと,さらに,気付きで終わるのではなく,それらが外国語でコミュニケーションを図る際に活用される,生きて働く知識として理解されることを求めている

② 技能

また,「聞くこと,読むこと,話すこと,書くことによる実際のコミュニケーションにおいて活用できる基礎的な技能を身に付けるようにする」とは,中学年の外国語活動で外国語の音声や基本的な表現に慣れ親しませたことを踏まえ,「読むこと」,「書くこと」を加え,教科として段階を進めたものである。

初めて外国語に触れる中学年の外国語活動において音声面を中心としたコミュニケーションの体験を通して,外国語の音声や基本的な表現に慣れ親しんだことを生かし,高学年の外国語科では,中学校で身に付けるべき実際のコミュニケーションにおいて活用できる技能の基礎的なものを身に付けることとなる。

ただし,「読むこと」,「書くこと」については,中学年の外国語活動では指導しておらず,慣れ親しませることから指導する必要があり,「聞くこと」,「話すこと」と同等の指導を求めるものではないことに留意する必要がある。

③ 課題への対応

本解説第2部第1章2(1)で述べたとおり,これまでの高学年における外国語活動の充実により,児童の高い学習意欲,中学生の外国語教育に対する積極性の向上といった成果が認められる一方で,

① 音声中心で学んだことが,中学校段階で音声から文字への学習に円滑に接続されていない,
② 日本語と英語の音声の違いや英語の発音と綴りの関係,文構造の学習において課題がある,
③ 高学年は,児童の抽象的な思考力が高まる段階であり,より体系的な学習が求められること

などが課題として指摘されている。

これらの成果と課題を踏まえて,

中学年における外国語活動で音声や基本的な表現に慣れ親しみ,外国語学習への動機付けを高めた上で,高学年から発達の段階に応じて段階的に「読むこと」,「書くこと」を加え,これまでの課題に対応するため,

  • 英語の文字や単語などの認識,
  • 日本語と英語の音声の違いやそれぞれの特徴への気付き,
  • 語順の違い等の文構造への気付きなど,

言語能力向上の観点から言葉の仕組みの理解などを促す指導が求められる

そこで,「読むこと」,「書くこと」に関しては,

  • 英語の文字の名称の読み方を活字体の文字と結び付け名称を発音すること,四線上に書くことができるようにするととともに,
  • 中学年の外国語活動を通して「十分に音声で慣れ親しんだ簡単な語句や基本的な表現」について,読んだり書いたりすることに細かな段階を踏んで慣れ親しませた上で,
  • 語順を意識しながら書き写すことができるようにする」,
  • 「自分のことや身近で簡単な事柄について,例文を参考に書くことができるようにする」

といった実際のコミュニケーションにおいて活用できる基礎的な技能となることを目指す必要がある。

(2)思考力,判断力,表現力等

(2) コミュニケーションを行う目的や場面,状況などに応じて,身近で簡単な事柄について,聞いたり話したりするとともに,音声で十分に慣れ親しんだ外国語の語彙や基本的な表現を推測しながら読んだり,語順を意識しながら書いたりして,自分の考えや気持ちなどを伝え合うことができる基礎的な力を養う。

(2)は,外国語科における「理解していること・できることをどう使うか」という「思考力,判断力,表現力等」の育成に関わる目標として掲げたものである。

コミュニケーションを行う際は,その「目的や場面,状況など」を意識する必要があり,その上で,「身近で簡単な事柄について,聞いたり話したりする」とともに,「音声で十分に慣れ親しんだ外国語の語彙や基本的な表現を推測しながら読んだり,語順を意識しながら書いたり」して,「自分の考えや気持ちなどを伝え合う」ことが重要になってくる。

「思考力,判断力,表現力等」の育成のためには,外国語を実際に使用することが不可欠である。

中央教育審議会答申では,「未知の状況にも対応できる『思考力・判断力・表現力等』の育成」のため,思考・判断・表現の過程として

「精査した情報を基に自分の考えを形成し,文章や発話によって表現したり,目的や場面,状況等に応じて互いの考えを適切に伝え合い,多様な考えを理解したり,集団としての考えを形成したりしていく過程」

などに言及している。

外国語教育における学習過程としては,

① 設定されたコミュニケーションの目的や場面,状況等を理解する,

② 目的に応じて情報や意見などを発信するまでの方向性を決定し,コミュニケーションの見通しを立てる,

③ 目的達成のため,具体的なコミュニケーションを行う,

④ 言語面・内容面で自ら学習のまとめと振り返りを行う,

といった流れの中で,学んだことの意味付けを行ったり,既得の知識や経験と,新たに得られた知識を言語活動で活用したりすることで,「思考力,判断力,表現力等」を高めていくことが大切になる。

また,「身近で簡単な事柄」とは,

中学年の外国語活動と同様,児童がよく知っている人や物,事柄のうち簡単な語彙や基本的な表現で表すことができるものを指している。

例えば,

  • 学校の友達や教師,家族,
  • 身の回りの物や自分が大切にしている物,
  • 学校や家庭での出来事や日常生活で起こること

などが考えられる。

一方,中学校の外国語科では,「日常的な話題や社会的な話題」としており,これらは生徒の日々の生活に関わる話題や社会で起こっている出来事や問題に関わる話題のことを指している。

小学校の外国語科で身近で簡単な事柄について十分にコミュニケーションを図っておくことが,中学校の外国語科で話題を広げることにつながっていく。

推測しながら読んだり,語順を意識しながら書いたり」としているのは,外国語科として言語能力向上の観点から言葉の仕組みの理解などを促すため,

  • 英語の文字や単語などの認識,
  • 日本語と英語の音声の違いやそれぞれの特徴への気付き,
  • 語順の違いなど文構造への気付き

などが求められたことに対応したものである。

推測しながら読む」とは,

中学年から単語の綴りが添えられた絵カードを見ながら何度も聞いたり話したりしてその音声に十分に慣れ親しんだ単語が文字のみで提示された場合,その単語の読み方を推測して読むことを表している。また,場面などを活用して読むことも考えられる。

例えば,動物園の絵のそばに添えられたzoo という単語があれば,音声で十分慣れ親しんだ語を思い出して,zoo が読めることも考えられる。あるいは,book のb の発音を思い出して,bed を推測しながら発音することも考えられる。

また,「語順を意識しながら書いたり」とは,

中学年から何度も聞いたり話したりしてその音声に十分に慣れ親しんでいる基本的な表現を書き写す際に,英語で何かを表す際には,決まった語順があることへの気付きを踏まえ,語と語の区切りに注意してスペースを置き,それを意識しながら書くことを表している。

さらに,「自分の考えや気持ちなどを伝え合う」ことについては,聞いたり話したり,推測しながら読んだり語順を意識しながら書いたりして,コミュニケーションを行う目的や場面,状況などに応じて,自分の考えや気持ちなどを伝え合うことの大切さを述べたものである。

このことを踏まえ,未知の状況にも対応できる「思考力,判断力,表現力等」を育成するためには,本解説第2部第2章第2節2(1)「知識及び技能」で解説する言語材料を活用し,本解説第2部第2章第2節2(3)で解説するとおり,言語の使用場面に応じて具体的な言語の働きを取り上げ,言語活動を行うことが必要である。

(3)学びに向かう力,人間性等

(3) 外国語の背景にある文化に対する理解を深め,他者に配慮しながら,主体的に外国語を用いてコミュニケーションを図ろうとする態度を養う。

(3)は,外国語科における「どのように社会・世界と関わり,よりよい人生を送るか」という「学びに向かう力,人間性等」の涵(かん)養に関わる目標として掲げたものである。

文化に対する理解」やコミュニケーションの相手となる「他者」に対する「配慮」を伴って,「主体的にコミュニケーションを図ろうとする態度」を身に付けることを目標としている。

中央教育審議会答申では,この「学びを人生や社会に生かそうとする『学びに向かう力・人間性等』の涵(かん)養」を重視し,(1)「知識及び技能」や(2)「思考力,判断力,表現力等」の資質・能力をどのような方向性で働かせていくかを決定付ける重要な要素とされている。

外国語教育における「学びに向かう力,人間性等」は,児童が言語活動に主体的に取り組むことが外国語によるコミュニケーションを図る基礎となる資質・能力を身に付ける上で不可欠であるため,極めて重要な観点である。

「知識及び技能」を実際のコミュニケーションの場面において活用し,考えを形成・深化させ,話したり書いたりして表現することを繰り返すことで,児童に自信が生まれ,主体的に学習に取り組む態度が一層向上するため,「知識及び技能」及び「思考力,判断力,表現力等」と「学びに向かう力,人間性等」は不可分に結び付いている。児童が興味をもって取り組むことができる言語活動を易しいものから段階的に取り入れたり,自己表現活動の工夫をしたりするなど,様々な手立てを通じて児童の主体的に学習に取り組む態度の育成を目指した指導をすることが大切である。

本目標での「外国語の背景にある文化に対する理解を深め」は,中学年の外国語活動において「言語やその背景にある文化に対する理解を深め」としていることを踏まえたものである。

中学年の外国語活動では,学習の対象となる外国語のみならず,日本語も含めた様々な言語そのものへの理解言語の背景にある文化に対する理解を深めることを求めている。
そのような理解が,高学年の外国語科で,対象となる外国語の背景にある文化に対する理解の深まりへとつながる

ところで,

  1. 外国語の背景にある文化に対する理解が深まることは,その言語を適切に使うことにつながる
  2. また,言語を学ぶことは,その言語を創造し継承してきた文化や,その言語を母語とする人々の考え方を学ぶことでもある。
  3. 更に,言葉を通じて他者とコミュニケーションを図り伝え合う力を高めることで,積極的に人や社会と関わり,自己を表現し,他者と共感するなど互いの存在について理解を深め,尊重しようとする態度につながる

と考えられる。そして,このことは,言語能力の側面から「学びに向かう力,人間性等」を支えることになる。

なお,中学校の外国語科において,改訂前は,「言語や文化に対する理解を深め」とし,その「文化」を「その言語の背景にある文化」と解説していたが,今回の改訂により,「外国語の背景にある文化とし,その意味合いを明確にしている。さらに,英語が国際共通語であることを踏まえると,外国語の背景にある文化だけでなく英語を使ってコミュニケーションを図る人々の文化についても理解を深めることが大切である。

他者に配慮しながら」とは,

中学年の外国語活動では,「相手に配慮しながら」としていることを踏まえてのものである。

中学年の外国語活動では,「聞くこと」,「話すこと」を中心にコミュニケーションを図る体験をすることから,目の前にいる「相手」が対象となるのに対して,高学年の外国語科では,「読むこと」,「書くこと」も扱い,コミュニケーションを図る対象が必ずしも目の前にいる「相手」とは限らないため,「他者としている。

また,高学年の外国語科における,他者に「配慮しながら」とは,

例えば「話すこと」や「聞くこと」の活動であれば,

  • 相手の理解を確かめながら話したり,
  • 相手が言ったことを共感的に受け止める言葉を返しながら聞いたりすること

などが考えられる。

なお,中学校の外国語科では,聞き手,読み手,話し手,書き手としているのは,五つの領域にわたってコミュニケーションを図る資質・能力をバランスよく育成することや,領域統合型の言語活動を重視していることなどからである。

また,改訂前の高学年における外国語活動や中学校の外国語科では,「積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度」としていたが,今回の改訂で「主体的に外国語を用いてコミュニケーションを図ろうとする態度」としたことに留意する必要がある。

主体的に外国語を用いてコミュニケ―ションを図ろうとする態度」とは,

単に授業等において積極的に外国語を使ってコミュニケーションを図ろうとする態度のみならず,学校教育外においても,生涯にわたって継続して外国語習得に取り組もうとするといった態度を養うことを目標としている。

これは,学校教育法において,学力の重要な要素として「生涯にわたり学習する基盤が培われるよう」,「主体的に学習に取り組む態度」を養うことを掲げていることを踏まえたものである。

このことを踏まえ,学びを人生や社会に生かそうとする「学びに向かう力,人間性等」は,(1)「知識及び技能」及び(2)「思考力,判断力,表現力等」の資質・能力を一体的に育成する過程を通して育成する必要がある。


出典:文部科学省「小学校学習指導要領解説外国語編 第2章 外国語科の目標及び内容 第1節 外国語科の目標」平成29年7月[ONLINE]http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2018/03/07/1387017_11.pdf(参照2018/03/17)を加工して作成
平成29年7月版[ONLINE]http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2018/05/07/1387017_11_1.pdf(cf:2018-12-14) 確認

資料

言語活動に関する事項

① 言語活動に関する事項

(2)に示す事項については,(1)に示す事項を活用して,例えば次のような言語活動を通して指導する。

ア 聞くこと

(ア) 自分のことや学校生活など,身近で簡単な事柄について,簡単な語句や基本的な表現を聞いて,それらを表すイラストや写真などと結び付ける活動。
(イ) 日付や時刻,値段などを表す表現など,日常生活に関する身近で簡単な事柄について,具体的な情報を聞き取る活動。
(ウ) 友達や家族,学校生活など,身近で簡単な事柄について,簡単な語句や基本的な表現で話される短い会話や説明を,イラストや写真などを参考にしながら聞いて,必要な情報を得る活動。

イ 読むこと

(ア) 活字体で書かれた文字を見て,どの文字であるかやその文字が大文字であるか小文字であるかを識別する活動。
(イ) 活字体で書かれた文字を見て,その読み方を適切に発音する活動。
(ウ) 日常生活に関する身近で簡単な事柄を内容とする掲示やパンフレットなどから,自分が必要とする情報を得る活動。
(エ) 音声で十分に慣れ親しんだ簡単な語句や基本的な表現を,絵本などの中から識別する活動。

ウ 話すこと[やり取り]

(ア) 初対面の人や知り合いと挨拶を交わしたり,相手に指示や依頼をして,それらに応じたり断ったりする活動。
(イ) 日常生活に関する身近で簡単な事柄について,自分の考えや気持ちなどを伝えたり,簡単な質問をしたり質問に答えたりして伝え合う活動。
(ウ) 自分に関する簡単な質問に対してその場で答えたり,相手に関する簡単な質問をその場でしたりして,短い会話をする活動。

エ 話すこと[発表]

(ア) 時刻や日時,場所など,日常生活に関する身近で簡単な事柄を話す活動。
(イ) 簡単な語句や基本的な表現を用いて,自分の趣味や得意なことなどを含めた自己紹介をする活動。
(ウ) 簡単な語句や基本的な表現を用いて,学校生活や地域に関することなど,身近で簡単な事柄について,自分の考えや気持ちなどを話す活動。

オ 書くこと

(ア) 文字の読み方が発音されるのを聞いて,活字体の大文字,小文字を書く活動。
(イ) 相手に伝えるなどの目的を持って,身近で簡単な事柄について,音声で十分に慣れ親しんだ簡単な語句を書き写す活動。
(ウ) 相手に伝えるなどの目的を持って,語と語の区切りに注意して,身近で簡単な事柄について,音声で十分に慣れ親しんだ基本的な表現を書き写す活動。
(エ) 相手に伝えるなどの目的を持って,名前や年齢,趣味,好き嫌いなど,自分に関する簡単な事柄について,音声で十分に慣れ親しんだ簡単な語句や基本的な表現を用いた例の中から言葉を選んで書く活動。

※出典:文部科学省「小学校学習指導要領 第10節外国語第2各言語の目標及び内容等英語2内容(3)言語活動及び言語の働きに関する事項 ①言語活動に関する事項」平成29年7月[ONLINE]http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2018/03/29/1384661_4_2.pdf(参照2018/04/07)