スマホ社会で子どもの健康を守る大人の役割
スマートフォンの普及する社会で、大人は子どもにどう関わればよいのでしょうか。
アンケートでは、子どもの遊びや知育などに、約4割の保護者がスマートフォンを取り入れています。

ビル・ゲイツ氏は、子どもの可能性のために重要なことは、質の高い時間を多くもつこと。

スティーブ・ジョブズ氏は、夕食時は、IT機器を避け家族でのディスカッションを大切にしています。

私たちは、子どもの心身の健康を守るため、IT機器やその社会の特質を知り、適切に関わる意識を常にもつ必要があります。






1 「育児スマホ利用4割」

情報教育を考える時、情報化の「光と陰」の問題は、常に取り上げられます。

特に、情報化の「陰」の問題は避けて通れません。

今朝の毎日新聞の朝刊は、「子どもの遊びや知育などに、約4割の保護者がスマートフォンを取り入れていることが北九州市の調査で分かった」と報じました。

「市の調査によると、子どものしつけや遊びにスマートフォンを使っているかの質問に対し、『よく使っている』『時々使っている』と回答した割合は、就学前6歳までの子どもの保護者が40%、小学生の保護者が36.4%だった」とのことです。

(毎日新聞西部本社2017年5月17日第25面「育児スマホ利用4割」)

この調査結果の詳細について、北九州市のホームページを調べましたが、公開はされていないようです。

どのような場面でどのように使っているのか、気になる結果ではあります。

2 歩きスマホの母親と乳児

先日、若い母親が、胸側におんぶ紐で、乳児を向かい合わせで抱えながら歩いていました。

母親は、乳児をやや右寄りに右手で抱え、左手にはスマホ。

母親の視線は、左側、スマホ画面を向いていました。

右寄りの乳児は、母親の顔を見つめていました。

すれ違う1分間ほどの光景です。その後の様子はわかりません。

母親には、重要な情報を確認する時間だったかもしれません。

子どもにとっては、とても長い待ち時間だったように見えました。

脳全体の司令塔と言われる前頭前野は、人との関わりの中で発達すると言われています。

幼少期に家族との十分なコミュニケーションの経験を積むことは、主体的でコミュニケーション力のある子どもに育つなど、その後の子どもの成長発達に大きな影響を与えます。






3 「質の高い時間」「語り合う時間」の大切さ

マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏は、

「携帯を持つのは、14歳になってから」

と決めていたそうです。

「すべての子ども達は、大きな可能性を秘めている。

重要なことは、質の高い時間を多くもつことだ」

とも述べています。

マイクロソフトMSN Top Photo by Ida Mae Astute Licensed material used with permission by MirrorTABI LABO星 佑貴「ビル・ゲイツが、子どもが14歳になるまで絶対に禁止していたこと。」https://www.msn.com/ja-jp/lifestyle/life/ビル・ゲイツが、子どもが14歳になるまで絶対に禁止していたこと。/ar-BBAZxk1#page=2(参照2017/05/17)

ビル・ゲイツ氏の言う「質の高い時間」とは、おそらく積極的に人とコミュニケーションとる時間のことをいうのでしょう。

アップル創業者のスティーブ・ジョブズ氏の家で、多くの時間を過ごした「Steve Jobs」の著者Walter Isaacson氏が次のように語ったそうです。

「毎晩、スティーブは、台所の大きなテーブルで夕食をとり、本や歴史、さまざまなことについて話し合った。

誰も、iPadやコンピュータを取り出したことはありません。

子どもたちは、デバイスにまったく依存していないようだ」

The New York Times Company NICK BILTON 「Steve Jobs Was a Low-Tech Parent」SEPT. 10, 2014[ONLINE]https://www.nytimes.com/2014/09/11/fashion/steve-jobs-apple-was-a-low-tech-parent.html?_r=0(cf.2017/05/17)

ITの巨人、世界のIT産業を牽引するトップリーダーの2人の家庭がともに、デジタルディバイスを避け人とのコミュニケーションやディスカッションを大切にしています。

4 スマホ社会の光と影を知り、子どもの健康を守る役割

ある光景です

父親はバイクの手入れに専念していました。

庭で遊ぶ女児が父親を呼んでいます。

二三度と呼んでも父親が振り向かないため、女児の声がだんだん大きくなりました。

「お父さん!」

ついに女児は、怒ったような泣いたような声で父親を呼びました。

「もう、お父さん!!」

人間とのかかわりやコミュニケーションは、自分の思ったようにはなかなか進みません。

iPadのボタンをタップするとすぐに動く、というようなことにはなりません。

人は、人との関わりでしか本当の人にはなれません。

私たち大人は、自分自身の健康も含め、子どもの心身の健康を守る役割があります。

そのためには、日々進化するIT機器やそれが活用される社会の特質を知り、適切にIT機器と関わる意識を常にもっておく必要があります。






アンケートでは、子どもの遊びや知育などに、約4割の保護者がスマートフォンを取り入れていることが分かりました。

街では、乳児を抱えスマホに視線をやる母親を見かけることがあります。

ビル・ゲイツ氏は、子どもの可能性のために重要なことは、質の高い時間を多くもつことだと言っています。

スティーブ・ジョブズ氏は、夕食時は、IT機器を避け、家族でのディスカッションを大切にしています。

私たち大人は、自分自身の健康も含め、子どもの心身の健康を守る役割があります。

そのためには、日々進化するIT機器やそれが活用される社会の特質を知り、適切にIT機器と関わる意識を常にもつ必要があります。