Windows 10 最新1703をクリーンインストールする方法
Windows 10 最新のCreators Update(バージョン1703)を,クリーンインストールするには,どのようにするとよいのでしょうか。
Windows 10 のAnniversary UpdateなどからCreators Updateへのアップデートは,作業に時間がかかり不要なファイルがHDやSSDに残りWindowsの起動や動作にも影響します。
Windows 10 Creators Updateをインターネットからダウンロードしてインストールディスク・メディアを作りインストールするとクリーンインストールができ,不要なファイルが増えることなくWindowsの高速・安定動作に寄与します。
手順は,次の通りです。
1 MediaCreationTool(無料)をダウンロードする
2 USB等のインストールメディアを作成する(要USB等メディア)
3 BIOSの設定を変更する
4 PCにインストールする
5 プロダクトキーの入力
入力する場面は,Windowsの購入形態や作業方法の選択によって異なります。
【追記】2018-04-30
Windows 10 April Update 2018 (ver.1803)として次期アップデートが4月30日公開予定です。

Windows 10 最新1803をクリーンインストールする方法

【追記】2018-11-30
windows 10 October 2018 Update (ver.1809) が,2018年11月13日に再リリースされました。
ver.1809 のインストール等の詳細は,次を参照ください。

Windows 10 ver.1809再公開版をクリーンインストールする方法(前編)






1 Windows 10最新バージョン1703(Creators Update)

(1)最新バージョンのクリーンインストールのニーズ

筆者は,マックの仮想マシン用にWindows 10 を購入しました。

バージョンは,Anniversary Updateが適用された1607です。

Windows10Media

今(2017/7/5),PCにバージョン1607を新規インストールすると,インストール終了後に,Creators Updateの更新が必要になります。

クリーンインストールしたにもかかわらず,必要ない前バージョンのファイルを残すことになります。

せっかく新しい環境にインストールするので,最新のOSをインストールしたいところです。

そこで,本稿では,Windows 10 メディア(正規ライセンス)の手持ちのバージョンが古く最新の更新ファイルでインストールしたいとき,Windows 10 最新バージョンCreators Update ファイルをクリーンインストールする方法について述べます。

【追記】2018-04-30
April 2018 Update は,4 月 30 日 (月) (米国時間)より無料ダウンロードによる提供を開始します。「Windows 10 April 2018 Update を発表」Microsoftサポート(2018.4.27)https://blogs.windows.com/japan/2018/04/27/windows10_april_2018_update_announcing/

Windows 10 最新1803をクリーンインストールする方法

【追記】2018-11-30
windows 10 ver.1809 が,2018年11月13日に再リリースされました。ver.1809 のインストール等詳細は,次を参照ください。

Windows 10 ver.1809再公開版をクリーンインストールする方法(前編)

(2)最新バージョン

2017/07/04 現在の Windows 10 の最新は,下記のバージョンです。

  1. サービス オプション:Current Branch (CB)
  2. Version:1703
  3. OS build:15063.447
  4. 公開日:4/11/2017
  5. 最新のリビジョン日付:6/27/2017

このバージョンに至るまでに,Windows 10 は,これまで,次のような更新を行っています。

Windows 10 のリリース履歴

OS build 公開日
Version 1703 15063.138 4/11/2017
Version 1607 14393.10 8/2/2016
Version 1511 10586.3 11/10/2015
Version 1507 (RTM) 10240.16405 7/29/2015

Microsoft.com「Windows 10 のリリース情報」https://technet.microsoft.com/ja-jp/windows/release-info.aspx(2017/7/4)

さらに,今年(2017年)の後半には「Redstone 3」の大型アップデートが予定されています。

一方で,市販パッケージ品では,Creators Updateバージョンが出回り始めましたが,まだまだ,Anniversary Updateバージョンやそれらの適用のないWindowsが出回っています。

2017年6月中旬の購入で,Anniversary Updateバージョン適用品です。

Microsoftストアでは,最新バージョンOSのダウンロードやUSB版の購入ができますが,OS導入後に大型アップデートの作業は今後も続きそうです。

この大型アップデート作業をすると,長い作業時間と大量のデータ通信を必要とします。

また,Windows old ファイルのように前バージョンのファイルが残ります。

古いファイルを残さず,最新の状態でOSをインストールできれば,ハードディスクやSSDが整理され,Windowsの起動や動作が安定し高速になると考えられます。

可能なら,最新バージョンでクリーンインストールしたいところです。

【追記】2018-11-30

2018-11-30現在の Windows 10 のバージョンは,下記の通りです。

Version 別名 OS build 公開日
1809 October 2018 Update 17763.134 11/13/2018
1803 April 2018 Update 17134.1 04/30/2018
1709 Fall Creator Update 16299.19 10/17/2017

※出典:Microsoft IT Pro Center「Windows 10 リリース情報」[ONLINE]https://www.microsoft.com/ja-jp/itpro/windows-10/release-information(cf:2018-11-30)

2 ダウンロードサイト

Windows 10最新バージョン1703(Creators Update)の更新インストールファイルが,マイクロソフトサイトに公開されています。

(1) WindowsPC

WindowsPCであれば,下記のWebサイトからデータをダウンロードし,インストールメディアを作成できます。

「Windows 10 のダウンロード」https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

win10inst

【追記】2018-11-30

現在,上記URLでは,再リリースされた最新の Windows 10 ver.1809 のダウンロードサイトのページが表示されます。
ver.1809 のインストールは下記のリンクを参照ください。

「Windows 10 ver.1809再公開版をクリーンインストールする方法(前編)」

(2) Mac PC

Mac PCでは,インストールメディアを直接作成できません。

Mac PCでは,Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) を下記のサイトからダウンロードして,DVDディスクなどのメディアを作成することになります。

「Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード」https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10ISO

isoimagecreate

【追記】2018-11-30

現在,上記URLでは,Windows 10 ver.1803 に加え,再リリースされた最新の Windows 10 ver.1809 が選択できます。
Windows 10 ver.1803 とver.1809 の両方のディスク イメージ (ISO ファイル) を選択してダウンロードできます。
ISO-image

「エディションの選択」メニューから,「Windows 10 October 2018 Update」(Windows 10 ver.1809)もしくは「Windows 10 April 2018 Update」(Windows 10 ver.1803)を選択して,インストールします。
ver-select
なお,最新の ver.1809 をインストールする場合は,下記のリンクを参照ください。

「Windows 10 ver.1809再公開版をクリーンインストールする方法(前編)」

ここで,ISOディスクイメージを作成します。

次項3(3)⑦で,「isoファイル」を選択します。

そのisoディスクイメージを用いて,DVD作成ソフトなどを使用してDVDディスクを作成します。

なお,Mac PCでは,下記のWindowsPC用のWebサイトは開けません。

「Windows 10 のダウンロード」https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

このURLを指定しても「Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード」のWebページに誘導されます。

3 USBフラッシュドライブの作成

WindowsPCでは,インストール メディアとして,USB フラッシュ ドライブを作成します。

isoディスクイメージを作成してDVDディスクを作成することもできます。

USB フラッシュ ドライブやDVDディスクは,下記の用途に使用できます。

  • Windows 10 の新しいコピーのインストール
  • クリーンインストールの実行
  • Windows 10 の再インストール

本稿では,クリーンインストールについて説明します。

(1)準備

・Windows10をインストールするPC

Windows 10 の仕様とシステム要件

プロセッサ: 1 GHz 以上のプロセッサまたは SoC
メモリ: 32 ビット版では 1 GB,64 ビット版では 2 GB
ハード ディスクの空き領域: 32 ビット版 OS では 16 GB,64 ビット版 OS では 20 GB
グラフィックス カード: DirectX 9 以上 (WDDM 1.0 ドライバー)
ディスプレイ: 800×600

「Windows 10 の仕様とシステム要件」[ONLINE]https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-10-specifications(2017/07/04)

・正規Windows 10 プロダクトキー

・USBメモリ4GB以上

・安定持続的な通信環境 有線LAN推奨 ※無線LANは通信遮断の可能性があります

・必要に応じて既存のデータのバックアップ

・作業時間:Win10のみ半日,アプリを含めば1日以上

インストール メディアUSBフラッシュドライブを作成するには,以下の手順によります。

(2)「Windows 10 のダウンロード」からツールをダウンロード

① 「Windows 10 のダウンロード」 のページを開く

「Windows 10 のダウンロード」 [ONLINE]https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10(2017/07/04)

インストール メディアを作成するために,Microsoftのツール「MediaCreationTool」を使用します。

そのツールやWindows10のファイルは上記サイトからダウンロードします。

② 「ツールを今すぐダウンロード」 をクリツクし保存する

tooldown

「Windows 10 のダウンロード」ページの「ツールを今すぐダウンロード」ボタンをクリックします。

このツールは,ダウンロードするPC・Windowsの管理者として実行する必要があります。

ダウンロードが始まると,操作しているPCの既定のダウンロードフォルダに,「MediaCreationTool .exe」がファイルが保存されます。

(3)ツールを使ってWindows10をダウンロードする

③ 「MediaCreationTool .exe」を起動する

PCの既定のダウンロードフォルダにある「MediaCreationTool .exe」をダブルクリックして起動します。

④ ライセンス条項「同意する」を選択する

ライセンス条項に同意する場合は,「同意する」 を選択します。

⑤ 「別のPCのインストールメディアを作成する」を選択し,「次へ」 を選択する

selectUSB

「実行する操作を選んでください」では,二つの選択肢があります。

  1. このPCを今すぐアップグレードする
  2. 別のPCのインストールメディアを作成する

「1.」は,インストールメディアを作成しているPC自身をWindows10にアップグレードします。

これを選択して作業を進めた場合は,そのPCに最適なエディションを自動で選択します。

すでにライセンス認証を受けたPCのアップグレードのため,その後の作業でライセンス認証の入力が求められません。

また,「1.」は,クリーンインストールにはなりません。

インストール作業の途中で,既存のアプリケーションなどを引き継ぐ選択画面は出てきますが,パーティションの削除やフォーマットの選択はできません。

そのため,ここでは,クリーンインストールの選択ができる「2.別のPCのインストールメディアを作成する」を選択します。

「2.」のラジオボタンを選択し,「次へ」 をクリックします。

⑥ 「言語,アーキテクチャ,エディションの選択」を選択する

Windows 10 の言語,エディション,アーキテクチャ (64 ビットまたは 32 ビット) を確認します。

gengo

インストールメディアの作成作業を進めているPCにWindows10を導入する場合は,

このPCにおすすめのオプションを使う。」のチェックは入れます

他のPCに導入する場合は

このPCにおすすめのオプションを使う。」のチェックは外します

⑦ 「USBフラッシュドライブ」を選択する

mediaselect

USBフラッシュドライブは,4GB容量のUSBメモリで作成可能です。

⑧ 「USBフラッシュドライブを選んでください。」ドライブを確認し「次へ」

⑨ Windows10のダウンロード開始

所要時間は,約60分です。

通信回線最大1Gbpsの光回線,作業用PCはCPUインテルCore(TM)i7 2.4GHz,実装RAM16.0GBです。

  1. ダウンロード…33分,
  2. 検証…30秒,
  3. メディア作成作業…27分,
    合計 所要時間 約60分です。

⑩ 「USB フラッシュ ドライブの準備ができました」終了

4 USB起動するバイオス設定

PCは通常,C:ハードディスクドライブ(SSD等)から起動します。

Windows10のインストールのためには,USBフラッシュドライブから起動できるようにする必要があります。

(1)バイオスを起動する

① PCに有線LANを接続し,電源プラグをさす

Windows10を導入するPCを,有線LANのLANケーブルでネットワークにつなぎ,電源プラグをコンセントにさします。

② 「F2」キーなど専用キーを押したまま電源スイッチを入れる

バイオスを起動するキーは,ほとんどの場合「F2」キーです。

「F2」キーの他に,「F12」,「Delete」,または「 Esc」 などがあります。「Fn」キーと「F2」キーを一緒に押す場合もあります。

キーを押したまま離さずに,電源スイッチを入れます。

③ バイオスが起動したら「F2」キーを離す

バイオスの内容や画面は,メーカーによって違いがありますが,おおむね似ています。

ソニーバイオノート(VGN-NS50B/L)のバイオスの画面は,上部にカテゴリー(画面)の名称があります。

左から,「Main」,「Advanced」,「Security」,「Boot」,「Exit」です。

今回の必要な設定情報は,左から4番目の「Boot」カテゴリーにあります。

メニューの選択や決定には,下記のキーを使用します。

・「→」「←」…Select Screen 画面選択です。「Main」など上記5カテゴリーの選択に使うキーです。

・「↑」「↓」…Select Item 項目の選択・移動に使います。

・「Enter」…Select 選択・確定するときに押します。

・「F4」…Save 設定変更して保存するときに押します。

・「ESC」…Exit 終了するときに押します。

メーカーの違いがあっても,おおむねこれらのキーを使います。

画面をよく見ると,使用するキーの説明が表示されています。

右下か下部に配置されていることが多いようです。

(2)バイオスの設定を変更する

「Boot」カテゴリー画面を選択し,起動メディアの起動優先順位等の設定を,上図の初期設定から下図の設定に変更します。

boot1

boot2

【変更の要点】

「Boot Configuration」「External Device Boot:」を「Enabled」にします。

外部ディバイスからの起動を「有効」にします。これにより,USBフラッシュドライブで起動できるようになります。

「Disabled」(無効)に設定されているときは,挿入していても起動しません。第1優先起動にしても起動しません。

「Boot Priority」で「Select 1st Boot Priority」を「External Device」にします。

第1優先起動を外部ディバイスにします。これにより,PCは,ハードディスクや光ディスクより先に,USBフラッシュドライブのプログラムを読み込むようになります。

1「Boot Configuration」ブート設定

External Device Boot:「Enabled(有効)」
・Network Boot:「Disabled(無効)」※変更しない

2「Boot Priority」ブート優先度

・Select 1st Boot Priority:「Internal Optical Disc Drive」 → 「External Device」外部デバイス
・Select 2nd Boot Priority:「Internal Hard Disk Drive」 →  「Internal  Optical Disc Drive」内蔵光ディスクドライブ
・Select 3rd Boot Priority :「External Device」 →  「Internal Hard Disk Drive」内蔵ハードディスクドライブ

④ 「Boot」画面を表示する

バイオスの起動画面から,「→」キーを押して「Boot」カテゴリー画面を表示します。

本機ソニーバイオノート(VGN-NS50B/L)では,起動初期の画面から「→」キーを3回押します。

⑤ 「External Device Boot」を選択する

「↑」「↓」キーで,「External Device Boot」を選択します。

エンターキーを押すと下記のようなダイアログ画面が表示されます。

boot4

⑥ 「Enabled(有効)」を選択する

「External Device Boot」のダイアログになっていることを確かめて,「↓」キーで,「Enabled(有効)」を選択します。

エンターキーを押すと確定されます。

これにより,外部機器のUSBフラッシュドライブから起動できるようになります。

⑦ 「Select 1st Boot Priority」を選択する

「↑」「↓」キーで,「Select 1st Boot Priority」を選択して,エンターキーを押すと下記のようなダイアログ画面が表示されます。

boot3

「Select 1st Boot Priority」には,4つの選択肢があります。

  1. Internal Optical Disc Drive … 内蔵光学ディスクドライブ(CD-ROM,DVD-ROM等のドライブ)
  2. Internal Hard Disk Drive … 内蔵ハードディスクドライブ
  3. External Device … 外部機器(USB等からの起動)
  4. Network … ネットワーク(ネットワークを通じて他のPC等からの起動)

⑧ 「External Device」外部デバイスを選択する

「↑」「↓」キーで,「External Device」外部デバイスを選択して,

すなわち,「Select 1st Boot Priority」を「External Device」にして,

エンターキーを押します。

すると,残ったハードディスクと光ディスクドライブが,自動的に2nd Boot Priority,3rd Boot Priority に繰り上がり変更されます。

2nd ,3rdは,今回あまり影響はないので,そのままでも良いです。

⑨ F4キーを押して保存する

F4キーを押すと,変更した設定が保存されます。

⑩ ESCキーを押して終了する

ESCキーを押して終了します。

終了の仕方は,この他にも,バイオスの画面上部のカテゴリー画面「Exit」でも行えます。

「Exit」で「Exit Setup」を選択すると,変更を保存後,システムセットアップを終了します(Exit System Setup after saving the changes. )。

バイオス設定画面が終了すると,ハードディスクへのアクセスが始まり,通常通りWindowsが起動します。

Windowsを通常通り起動させた後,特に作業の必要が無い場合は,Windowsの終了操作をします。

なお,Windows10のアップグレード作業が終了したときは,上記の作業を再度行い,バイオスの設定を元に戻すことを忘れないようにします。

仮に,設定を戻すことを忘れても,重大な問題が起こる可能性は低いです。

5 Windows10のインストール

(1)インストール作業

Windows10のインストール作業は,「VistaノートPCをWin8ProIDでWindows10無償アップグレード(作業編2)」とほぼ同様です。

作業手順を詳述していますので,こちらを参照ください。

(2)ライセンス認証エラー

「スタート」>「設定」>「ライセンス認証」で,ライセンス認証の状況を確認できます。

ninsyouerror

上記のように認証がエラーになった場合は,

・「プロダクトキーを変更します」で,再度プロダクトキーを入力します。

・認証されない場合は,Microsoftの認証専門ダイヤルに電話連絡することが早道です。

機械応答でできない場合は,担当者と直接話ができます。

ただ,平日9時から18時までなど時間が限られています。