taormina
サミット開催の記事が目を引きましたが、数字に秘密がありそうです。それは何でしょうか。
使い方を工夫した数字を掲載しているからです。

イタリア・タオルミーナサミット開催記事の紙面構成は工夫され、「サミット参加国の数」、「初参加の首脳の人数」、「サミットの参加回数」、「首脳の年齢」を表す数字を示すことで、力関係などの背景を推測できるようにしています。

数が表す個数、量の大きさ、数が表す順序性など、数の表し方や使い方を工夫すると、見えないものが見えてくるようになります。

これらは、数のよさ、数を活用する面白さといえます。






1 イタリア・タオルミーナ サミット開催の記事

taormina

主要7カ国首脳会議が5月26,27日イタリア・タオルミーナで開催されます。

その開催を報じる記事が、毎日新聞朝刊に掲載されました。

平成29年5月23日の毎日新聞西部版朝刊4面には、特集として、最上段横いっぱいに7人の首脳の顔写真が並びました。

一人当たり縦115mm×横55mmの写真です。

インパクトのある紙面構成です。

各首脳の顔写真の左上には、国旗(縦15mm×横20mm)が掲げられています。

2 数字の力で読み解く

顔写真の右下には、当該首脳のサミット参加回数です。初めての首脳には「初」、安倍首相は「6回目」です。

下部には、10mmの帯状どりで「エマニュエル・マクロン仏大統領(39)」氏名と国名、役職及び年齢が記されています。

下部は、簡素にまとめられています。国名は、「英」、「仏」、「伊」、「独」、「米」で表記されていますが、カナダは「加」でなく「カナダ」と表記です。

さらに、写真の下部には、23mmの帯取りで、メイ英首相「16年7月就任」トランプ米大統領「1月就任」など就任年月と30文字程度のプロフィールが書かれています。

syunou

そのさらに下の中央には、メインタイトルの「G7 結束に影」が強調されています。

1文字28mm角の文字サイズで、見出しを飾っています。

筆者は、紙面を見ていると、7名の首脳の力関係や影響力、サミットの会議内容のまとまり具合を、自然に予想していました。

考え始めた大きな要因の一つは、数字による情報提供、数字の力があったからです。

試しに、新聞を折り曲げて数字の情報を隠すと、この記事に対する興味は、筆者は半減しました。

数字を隠した状態の顔写真だけでは、紹介の役割だけの情報に感じられます。

しかしながら、数字の情報が添付されると、数字から読み取れる国際政治の経験、人生経験など背景を想像するようになり、筆者はサミットの行方を読み解こうと意欲がわきました。

3 数の使い方の面白さ

毎日新聞の記事は、数字の使い方が、工夫されて実におもしろいのです。

(1)サミット参加国数

まず、サミット参加国数です。

G7の「7」は、集合数です。

イギリス、フランス、イタリア、ドイツ、日本、アメリカ、カナダ

United Kingdom、France、Italy、Germany、Japan、United States、Canada

という7つの要素の個数を表す数です。

7は、1桁の数であり、指折り数えられる少ない数です。

また、可否同数が起こらない奇数です。

「7」という数から、「7」カ国の先進国トップが集まる会議であることが、数字から分かります。

(2)初参加の首脳人数

次に目立つのが、1文字10mm角で、最上位の見出し「タオルミーナ・サミットには首脳4人が初参加する」

とある副見出しです。

首脳4人が初参加の「4」も集合数です。

7つの要素のうち、4つの要素が条件「初参加」の集合の要素です。

残り3つの要素は、その補集合です。

要素の個数で比較すると、4>3

4すなわち初参加の方が大きい。過半数を占める数です。

今年のサミットでは、初参加4カ国は大きな勢力です。

この初参加の4カ国が、

「一年目なので様子を見る」として、既存の首脳のリーダーシップに沿うか、

「初参加でしがらみがないから、言いたいことを言う」として、各国の立場の主張でまとまりにくくなるか、

などを考えさせる数です。

一般には、経験ある首脳のリーダーシップが発揮しやすい状況と考えられます。

(3)サミット参加回数

その次に目立つ数が、サミットへの首脳の参加回数です。

summit

【グラフ1】タオルミーナサミット首脳の年齢と参加回数 数値は、毎日新聞西部版朝刊4面平成29年5月23日「G7 結束に影」より。グラフは、筆者作成。

参加回数は、順序数です。

第一位が、12回目のメルケル独首相です。

第二位が、6回目の我が国の安倍首相です。

第三位は、2回目のトルドー加首相です。

あと4人の首脳は初回で同じです。

【グラフ1】は、参加回数が多いと円が大きくなります。縦軸は、年齢が高いと位置が上がります。横軸は参加国名に対応しているだけで、数値に意味はありません。

メルケル首相が、ダントツで目を引きます。

安倍首相もかなりの経験値です。

この参加回数から力関係を推測すると、影響力の大きさは、メルケル首相と安倍首相が軸になりそうだと想像できます。

これらは、数字の上での話です。今般の世界情勢や首脳の政治力などには言及していません。

(4)首脳の年齢

次に目を引くのが、首脳の年齢です。

就任年月の情報も掲載されていますが、参加回数と数字の意味としては同じなのでそれは省きます。

平均年齢:57歳、標準偏差:10.1

年齢については、ジェンティローニ伊首相、メルケル独首相、安倍晋三首相が62歳で同じです。

メイ首相は、62歳の近傍-2歳の60歳。

トランプ大統領が最高齢です。

それでも62歳から、離れているのは8歳です。

これら5人の首脳は、おおよそ同年代に近いとみられます。

特異に若い年代として、マクロン仏大統領とトルドー加首相がいます。

この二人を外した平均年齢:63歳、標準偏差:3.6

年齢から見ても、日、独が中心に見えます。

伊、英、そして米が加わり、この年代が中心になりそうです。

前回サミットでは、トルドー加首相一人が若いという構図でしたが、マクロン仏大統領が加わり、若い世代が一つの勢力を作る可能性があります。

4 GDPの数字を加えて再度分析

【グラフ2】は、サミット参加国の首脳の年齢と参加回数に、GDP(2017年IMF推定値)の数値を加えたものです。

summitgdp

【グラフ2】タオルミーナサミット参加国首脳年齢・参加回数・GDP GDP数値の出典:International Monetary Fund, World Economic Outlook Database, October 2016 [ONLINE]http://www.imf.org/external/ns/cs.aspx?id=28(cf.2017/5/24)

円の大きさは、GDPの大きさを表します。円が大きいほど、GDPが大きくなります。

縦軸は、参加回数の多さを表します。上に位置するほど、参加回数が多くなります。

横軸は、年齢の高さを表します。右に位置するほど、年齢が高くなります。

アメリカのGDPは、G7GDP総合計に対する割合が53%。

続いて、日14%、独10%、英7%、仏7%、伊5%、加4%

GDPの数値を入れたこのグラフを見ると、アメリカのGDPの大きさが際立っています。かなり差はありますが、続いて大きいのは日本です。

トランプアメリカ大統領の経済面での影響力は、かなり大きいことが見えてきます。

日本とドイツは、それなりの影響力を発揮しそうです。

5 まとめ

数の使い方として、「サミット参加国の数」、「初参加の首脳の人数」、「サミットへの参加回数」、「首脳の年齢」を表す数字を示すことで、力関係などの背景を推測できるようになります。

数が表す個数、量の大きさ、数が表す順序性など、数の表し方や使い方を工夫すると、見えないものが見えてくるようになります。

これらは、数のよさ、数を活用する面白さといえます。

毎日新聞西部版の記事の表現方法はとても参考になります。