goal-kokugo-hikaku
小学校,中学校,高等学校の国語科の目標を比較すると,どのようなことが分かるでしょうか。
言葉による見方・考え方を働かせ,言語活動を通して」という「見方・考え方」,「学び方」は共通し,「資質・能力」は学校段階が上がるごとに、次のように質や学びの範囲などが高まり広がり深まります。

・国語で「正確に理解し適切に」表現する資質・能力から,「的確に理解し効果的に」表現する資質・能力へと,国語の理解や国語での表現の質が高まる

・「日常生活」,「社会生活」,「生涯にわたる社会生活」へと,理解し使える必要な国語の生活範囲が広がる

・「日常生活における人」,「社会生活における人」,「生涯にわたる社会生活における他者」へと,伝え合いに関わる人の範囲や質が広がり高まる

・言葉がもつ「よさを養い」から,「価値を豊かにし」,「価値への認識を深める」へと,言葉のもつ価値への認識の広さや深さが増す

・言語感覚を「養い」から,「豊かにし」,「磨き」へと,言語感覚の質や精度が高まる

・「国語」が「我が国の言語文化」へ,「大切さの自覚」が「言語文化の担い手」へと,対象や関係の質が高まる

1 各校種における国語科の目標

柱書 知識・技能 思考力・判断力・表現力等 学びに向かう力・人間性等
高等学校
言葉による見方・考え方を働かせ,言語活動を通して,国語で的確に理解し効果的に表現する資質・能力を次のとおり育成することを目指す。
(1) 生涯にわたる社会生活に必要な国語について,その特質を理解し適切に使うことができるようにする。
(2) 生涯にわたる社会生活における他者との関わりの中で伝え合う力を高め,思考力や想像力を伸ばす。
(3) 言葉のもつ価値への認識を深めるとともに,言語感覚を磨き我が国の言語文化の担い手としての自覚をもち,生涯にわたり国語を尊重してその能力の向上を図る態度を養う。
中学校
言葉による見方・考え方を働かせ,言語活動を通して,国語で正確に理解し適切に表現する資質・能力を次のとおり育成することを目指す。
(1) 社会生活に必要な国語について,その特質を理解し適切に使うことができるようにする。
(2) 社会生活におけるとの関わりの中で伝え合う力を高め,思考力や想像力を養う。
(3) 言葉がもつ価値認識するとともに,言語感覚を豊かにし我が国の言語文化に関わり,国語を尊重してその能力の向上を図る態度を養う。
小学校
言葉による見方・考え方を働かせ,言語活動を通して,国語で正確に理解し適切に表現する資質・能力を次のとおり育成することを目指す。
(1) 日常生活に必要な国語について,その特質を理解し適切に使うことができるようにする。
(2) 日常生活におけるとの関わりの中で伝え合う力を高め,思考力や想像力を養う。
(3) 言葉がもつよさ認識するとともに,言語感覚を養い国語の大切さを自覚し,国語を尊重してその能力の向上を図る態度を養う。

※ 出典:文部科学省「高等学校学習指導要領 第2章各学科に共通する各教科 第1節国語 第1款目標」平成30年3月[ONLINE]http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2018/03/29/1384661_6_1.pdf(参照2018/04/10)

※ 出典:文部科学省「中学校学習指導要領 第2章各教科 第1節国語」平成29年3月[ONLINE]http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2018/03/29/1384661_5_2.pdf(参照2018/04/10)

※ 出典:文部科学省「小学校学習指導要領 第2章各教科 第1節国語」平成29年3月[ONLINE]http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2018/03/29/1384661_4_2.pdf(参照2018/04/10)

2 国語科目標の学校種別比較

高等学校学習指導要領解説国語編が公開されていないことから,小学校・中学校学習指導要領解説国語編(以後小中解説)の目標部分の解説をもとに簡単に比較し,共通点,相違点に焦点を当て分析します。

このことから,国語科の見方・考え方,学び方,資質・能力が小学校から高等学校へどのように発展するのか,学校種の違いによる資質・能力等の系統の概要を捉えます。

柱書

(1) 見方・考え方,学び方

【共通点】

言葉による見方・考え方を働かせ,言語活動を通して

今回の改訂で各教科等の目標に位置付けられた「見方・考え方」は,各教科等の特質に応じた,各教科等ならではの物事を捉える視点や考え方であり,各教科等を学ぶ意義の中核をなすものです。

言葉による見方・考え方を働かせるとは,児童(生徒)が学習の中で,

  • 対象と言葉との関係
  • 言葉と言葉との関係

を,言葉の意味,働き,使い方等に着目して捉えたり問い直したりして,言葉への自覚を高めることであると考えられる。

また,言語能力を育成する中心的な役割を担う国語科においては,言語活動を通して資質・能力を育成します。

言語活動を通して,国語で正確に理解し適切に表現する資質・能力を育成するとしているのは,この考え方を示したものです。

なお,言語活動の具体については,目標の解説には述べられていません。「第2 各学年の目標及び内容」で言語活動例が解説されています。

この言語活動について,学習指導要領では,「(1)に示す事項については,例えば,次のような言語活動を通して指導するものとする。」として,児童の発達や学習の状況に応じて設定した言語活動を通して,(1)の〔思考力,判断力,表現力等〕に関わる指導事項を指導することとされています。

例えば,次のような言語活動例があります。

小学校国語科〔第3学年及び第4学年〕 A 話すこと・聞くこと
ア 説明や報告など調べたことを話したり,それらを聞いたりする活動。
イ 質問するなどして情報を集めたり,それらを発表したりする活動。
ウ 互いの考えを伝えるなどして,グループや学級全体で話し合う活動。

中学校国語科〔第2学年〕 C 読むこと
ア 報告や解説などの文章を読み,理解したことや考えたことを説明したり文章にまとめたりする活動。
イ 詩歌や小説などを読み,引用して解説したり,考えたことなどを伝え合ったりする活動。
ウ 本や新聞,インターネットなどから集めた情報を活用し,出典を明らかにしながら,考えたことなどを説明したり提案したりする活動。

小学校,中学校国語科における言語活動例の系統

(2) 資質・能力

【共通点】

国語で理解し表現する資質・能力を次のとおり育成することを目指す。

今回の改訂では,他教科等と同様に,国語科において育成を目指す資質・能力を「知識及び技能」,「思考力,判断力,表現力等」,「学びに向かう力,人間性等」の三つの柱で整理し,それぞれに整理された目標を(1),(2),(3)に位置付けています。

【相違点】

「資質・能力」については,

  1. 小・中学校は「国語で正確に理解し適切に表現する資質・能力」と共通し,
  2. 高等学校は「国語で的確に理解し効果的に表現する資質・能力」

へと発展し,国語の理解や国語での表現の質が高まります

小中解説の目標の解説では,小・中学校の「国語で正確に理解し適切に表現する資質・能力」について,次のように解説は共通します。

国語で正確に理解し適切に表現する資質・能力」とは,

  • 国語で表現された内容や事柄を正確に理解する資質・能力
  • 国語を使って内容や事柄を適切に表現する資質・能力であるが,

そのために必要となる

  • 国語の使い方を正確に理解する資質・能力
  • 国語を適切に使う資質・能力

含んだものである。

正確に理解する資質・能力と,適切に表現する資質・能力とは,連続的かつ同時的に機能するものであるが,表現する内容となる自分の考えなどを形成するためには国語で表現された様々な事物,経験,思い,考え等を理解することが必要であることから,今回の改訂では,「正確に理解」,「適切に表現」という順に示している。






三つの柱

以下の「知識及び技能」,「思考力,判断力,表現力等」,「学びに向かう力,人間性等」については,相違点に焦点を当て分析します。

共通点やその他詳細については,

小学校『国語科の目標』解説を縦横に読む

中学校『国語科の目標』解説を縦横に読む

をご参照ください。

(1) 知識及び技能

【相違点】

「日常生活」については,

  1. 小学校は「日常生活」,
  2. 中学校は「社会生活」,
  3. 高等学校は「生涯にわたる社会生活

へと発展し,理解し使える必要な国語の生活範囲が広がります

小中解説の目標の解説では,「日常生活」「社会生活」について,意味や違いを解説してません。

(2) 思考力,判断力,表現力等

【相違点】

「日常生活における人」については,

  1. 小学校は「日常生活における」,
  2. 中学校は「社会生活における」,
  3. 高等学校は「生涯にわたる社会生活における他者

へと発展し,伝え合いに関わる人の範囲が広がり質が高まります

小中解説の目標の解説では,「日常生活(社会生活)における人との関わりの中で」について,「人間と人間との関係の中で」と共通に換言しています。

「日常生活(社会生活)における」については,解説していません。

(3) 学びに向かう力,人間性等

【相違点】

「言葉がもつよさ」については,

  1. 小学校は「言葉がもつよさ養い」,
  2. 中学校は「言葉がもつ価値豊かにし」,
  3. 高等学校は「言葉のもつ価値への認識を深める

へと発展し,言葉のもつ価値への認識の広さや深さが増します

ただし,小中解説では,次のとおり「言葉がもつよさ」と「言葉がもつ価値」とを共通に解説しています。

言葉がもつよさには,(言葉がもつ価値には,)

  • 言葉によって自分の考えを形成したり新しい考えを生み出したりすること,
  • 言葉から様々なことを感じたり,感じたことを言葉にしたりすることで心を豊かにすること,
  • 言葉を通じて人や社会と関わり自他の存在について理解を深めたりすること

などがある。

言語感覚を養い」については,

  1. 小学校は「言語感覚を養い」,
  2. 中学校は「言語感覚を豊かにし」,
  3. 高等学校は「言語感覚を磨き

へと発展し,言語感覚の質や精度が高まります

中学校解説では,

「言語感覚」については,小学校では養うとしているものを,中学校では豊かにするとし,より高いものを求めている。」

としていますが,「豊かな」状態や子どもの具体の姿には言及していません。

なお,「言語感覚」の意味については,次のように小学校と中学校で共通に解説しています。

言語感覚とは,言語で理解したり表現したりする際の正誤・適否・美醜などについての感覚のことである。

「国語の大切さを自覚し」については,

  1. 小学校は「国語の大切さを自覚し」,
  2. 中学校は「我が国の言語文化に関わり」,
  3. 高等学校は「我が国の言語文化の担い手としての自覚をもち

へと発展します。「国語」が「我が国の言語文化」へ,「大切さの自覚」が「言語文化の担い手」へと,対象や関係の質が高まります

小学校解説では,「国語の大切さを自覚し」について,次のとおり文節に区切らず全体の理由を解説しています。

国語の大切さを自覚し,国語を尊重してその能力の向上を図る態度を養うことを求めているのは,

我が国の歴史の中で育まれてきた国語が,人間としての知的な活動や文化的な活動の中枢をなし,一人一人の自己形成,社会生活の向上,文化の創造と継承などに欠かせないからである。

中学校解説では,「我が国の言語文化に関わる」について,次のとおり解説しています。

我が国の言語文化に関わるとは,

  • 我が国の歴史の中で創造され,継承されてきた文化的に高い価値をもつ言語そのもの,つまり,文化としての言語
  • また,それらを実際の生活で使用することによって形成されてきた文化的な言語生活
  • さらには,古代から現代までの各時代にわたって,表現し,受容されてきた多様な言語芸術や芸能

などに関わることである。



文部科学省「小学校学習指導要領解説国語編 第2章 国語科の目標及び内容 第1節 国語科の目標 1 教科の目標」平成29年6月[ONLINE]http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2017/10/13/1387017_2.pdf(参照2018/03/10)

文部科学省「中学校学習指導要領解説国語編 第2章 国語科の目標及び内容 第1節 国語科の目標 1 教科の目標」平成29年6月[ONLINE]http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2017/10/13/1387018_2.pdf(参照2018/03/28)